megumi_san's diary

I write down something when I got inspiration.

f:id:megumi_san:20151124213328j:plain

5つ足の羊のはなし

その羊は5つ足でした。人々はあまりその羊たちを見たくありませんでした。中国語で「五脚羊」と呼ばれます。でも五脚羊は生まれた時から五脚羊だから、それを当たり前だと思っていました。

 

青海湖に雨が降りました。美しい雨でした。五脚羊はその美しい雨だれを捉えたいと思井ました。そしてふと思いました。「僕は皆に足が多すぎると言われる。でも僕は今、脚5つでは足りない。もっと沢山の脚が欲しいな。」

5つ足の羊のはなし

f:id:megumi_san:20151126231721j:plain

5つ足の羊のはなし

 

その羊は5つ足でした。人々はあまりその羊たちを見たくありませんでした。中国語で「五脚羊」と呼ばれます。でも五脚羊は生まれた時から五脚羊だから、それを当たり前だと思っていました。

 ある日、青海省に魔王が来ました。大きな音を響かせて、魔王は大爆発し、人々に喜ぶように強制しました。しかもその後には毒の雨がふり、皆は大騒ぎ。でも五脚羊は怖くありませんでした。だってもう自分で変身できる術を身につけていたのですから。

五脚羊はその角を黄色い傘に変え、仲間たちと一緒に雨を避けました。

 

虽然自己不是在悲哀的情况,

但世界上有的话,

还是留在我自己身体里。

突然会喷出来。

個人的には悲しい状況にいなくても、

世界に悲しいことがあったらそれは自分の身体に留まっていて、

関係ないふとした瞬間でも吹き出す事がある。