Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

megumi_san's diary

I write down something when I got inspiration.

《贞洁的厄运》 首语 萨德

啊,我的朋友!罪恶繁荣昌盛就像霹雳,虚幻骗人的火焰美化氛围于一时,只是为了要那些被照的头晕目胘的人们一头裁进死亡的深渊。

 

Please

 yes. yes. please.Include me.

         Ave Maria

         Gratia Plena

         Maria, gratia plena

         Maria, gratia plena

         Ave, ave Dominus

         Dominus tecum

         Benedicta tu in Mulieribus

         Et Benedictus

         Et Benedictus fructus ventris

         Ventris tuae, Jesus

         Ave Maria

         Ave Maria

         Maria, hear my prayer

         Today I'm asking for forgiveness

         For all my people here on earth

         I know they feel inside their hearts

         What is wrong or right

         True love is all it needs to heal them

         But hate is all they really know

         So innocent the starving children

         How I wish they'd get a chance to grow

         Ave Maria

 

 

Remove all ads

「無」と「やきぐり」

「無」と「やきぐり」でパーフェクトなのだ。
”emptiness" and "Roast chestnuts" together is perfect.
“无”和“烤栗子”就是“完美”。

my poet grandmother wrote calligraphy "emptiness" when she was 97 years old, and my other grandmother wrote calligraphy "Roast chestnuts" when sh

e was 90 years old. I corrected both and I listened this music in car radio. I want to show them with the music in an exhibition when I have Chance. Both together is perfect in this world. Maybe.

no title

猫と私の間にある、ある種の感情が創造性だとしたら。
maybe a kind of emotion between me and cats is a kind of creation.
我和猫的那种感觉是有可能和创造性有关。

Remove all ads

ニュースより

フランス文学者で筑波大学の竹本忠雄名誉教授(78)は「大震災の被害そのものはいかに甚大、悲惨であろうとも日本人の忍耐と英知によって必ず克服されるだろう。外国の援助もあるだろう。だが、精神の立ち直りはわれわれ自身によってしかできない」とし、65年前の国難であった敗戦後の体験を話した。

 「東京の下町は大空襲で焼け野原となった。みんなで神社を再建し祭りを行った。着る物もなくふんどし一丁の男たちが境内に勢ぞろいし、戦災孤児たちと黒山の人垣を作って気勢を上げた。戦後の復興は紛れもなくあそこから始まった」

 そのときの色あせた写真は、現在も社殿に誇らかに飾られているという。

産経ニュース 2011年4月10日「喪失 大震災から1ヵ月」より

I had a dream

春が5回来たから変化が起きると言われる。

友人が自分の赤ん坊をのせ、赤いたらいに乗って池間の海をわたって家に帰る。

池間の家に一日泊まる。

Remove all ads